焼き菓子屋日記

アラサーでパティシエに転職した一児のママの成長日記

29歳、子持ち、未経験の私がパティシエに転職した方法

転職に向けて準備したこと

・専門学校で学ぶ

   働きながら通える、レコールバンタンのキャリアカレッジパティシエコースに通ました。

   結局卒業してから転職できるまで時間がかかってしまいましたが。。

 

・子どもを認可外の保育園に入れる

 育休中に転職を決意したため、これはマストでした。4月入園させた上で、勤務先を探しました。

 

・転職先の調査

  自分がやりたいお店に最もイメージが近いお店で働くのが、夢実現への最短ルートです。

私の場合は未経験の受け入れ可の個人経営店で、焼き菓子に力を入れている店を探しました。

  インターネット検索ではindeedが掲載が多く使い易かったです。あとはイメージに合いそうなお店をネットで見たり訪問したりして、求人が出ていないかを確認しました。

  採用されたのは、数ヶ月前のブログに求人が出ていた近所の有名焼き菓子店です。

ダメ元で電話をかけたら面接をして頂けることになりました。

  何ごともやってみるのが大事ですね。

 

 

 

私が採用された理由

・家が近い

 家からお店まで徒歩5分ほど、保育園は徒歩10分強なのでシフトに融通がききやすく、急なお迎え等があっても対応し易いということで、子持ちでも採用頂けました。

 

・将来の開業を目標にしている且つ、具体的な開業時期を決めていない

 店長曰く、20代後半の未経験でパティシエへの転職希望者は多いものの、30歳までに開業!などと決めているケースが多いそうです。短期間で技術だけを学びたいと言われても、お店としては採用するメリットがあまりありません。

 私の場合は雑用や補助的な役割も開業への勉強になるのてま積極的にやりたいし、開業はいずれ…と考えていたため長期での勤務を想定していたことも好材料だったようです。

※開業を目標にしている人を歓迎しない店舗もあるので、面接で正直に話すかどうかは注意が必要です

 

・実家がカフェを経営している

 開業から3年ほどしか経っていませんが、面接で話したところ、飲食店での裏方を理解していると捉えてもらえました。これはラッキーでした(^ ^)

 

・応募時期が良かった

 4月中旬に応募し、GW明けからの勤務になりました。夏場は焼き菓子店は閑散期に入るため、新人を教育する時間的余裕があります。4月からは新卒者も入っており、一から学ぶ人が複数いる環境なので教える方も心構えができます。

転職を考えている方、応募は春がオススメです。

 

結局、子持ちでパティシエに転職するには?

・子どもを預ける場所を見つける

・家から近い店を探す

・春に応募する

・募集広告を出していなくても、気になる店には電話をかけてアプローチする

・長期で働く意思を伝える

こんな感じでしょうか。

 

お伝えし切れていないこともあるかと思いますので、こんな事が知りたい!という方、

質問お待ちしています。